FC2ブログ

みれこたの人生半ドアブログ

某パチスロパチンコメーカーで働く、不労所得を夢見る社畜の人生譚である。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お久しぶりです。パチスロ開発に至るまでの軌跡。

ブログ書く書く詐欺を続けて3か月が経過した今、ようやく重い腰を上げ再開しようと決心した。
ここまで期間が空くと、お前誰だっけの空気が蔓延するものである。
そこで懇切丁寧で親切なことに定評のある私はこれまでのあらすじ、半ドアな人生の軌跡をおさらいとばかりに記そうと思う。

以下がおおよその筋書きである。

・高校卒業後、1浪し大学に入学を果たすも2留。
・その間、同人活動とパチンコパチスロにハマり、紆余曲折を経て好みのパチンコパチスロメーカーに内定をもらう。
・ブラックなアルバイト先を逃亡。無職と化し三か月間パチンコパチスロ生活を余儀なくされる。
・クソみたいなブログおよびツイッターが会社から監視される。同期にもアカウントが特定される。
・ブログ全削除。そして再開へ。
・3月末から社畜の独房にぶち込まれ、ついに私も社畜ソルジャー。


偏差値65ほどの進学校である高校を偏差値40ほどの学力を兼ね備えて卒業した私に入学を許す大学はなく、
私は流浪の旅に出ることを余儀なくされた。
人に歴史ありというが、転落した人間の歴史というものはおおよそ似通ったものである。
それは大別してアニメゲームにハマる、不良化、そもそも勉強できない馬鹿、の3つであるが、
そのすべてを欲しいままにした私に死角はなく、またのっぴきならないことに取り柄もなかった。
今にして思えばこの時、人生のレールというものから完全に外れ、どん底街道まっしぐらであったのだが
人生万事塞翁が馬、浪人時代に何を思ったか動画を編集し、投稿したまさにその時が大きな転機になろうとは夢にも思うまい。

人間には自己顕示欲と承認欲求というものがあり、およそ全ての人間が誰かに認められたいと考えるものである。
テレビなどで活躍する人々は世間から注目され、羨望の眼差しが必然的に向けられるわけであるが、その羨望の味というものは無類であろう。
それは絵にしても音楽にしても動画にしても同じであり、やはり誰かに評価してもらえるというものは嬉しいものである。
そうして最初は小さかった評価が大きくなるにつれ、自身の向上心も大きくなり、それに伴い技術が好き勝手に飛躍し、また評価されていくというサイクルが確立されていくものである。
経済学的には戦後の日本の高度経済成長期のサイクルと同列のものであるのだがそこは言及しないでおこう。
無論この現象には個人差が大きくあり、駄サイクルと呼ばれる連鎖もあるため気を付けなければならないがそんなことはどうでもいい。

とにかく私の場合、気付かずそんなどちらかわからないサイクルをしているうちに、いつの間にか同人活動の世界に入り、創作好きになっていた。
勉強そっちのけで創作にハマっていたため大学に入学を果たした際の1年次の修得単位は6単位という劇的な記録を叩きだした。
せっかく好きな事をみつけ、そこそこの大学に入学を果たしたにもかかわらず、この結果である。
だがここでさらに追い打ちをかけるかのようにパチンコパチスロにハマるのであった。
大体ひぐらしのなく頃に祭のせい。

結果、2留である。

日本は学歴社会と言われ、新卒至上主義と呼ばれている。
ここで言われる新卒の定義とは、浪人留年という空白の期間が3年以下のことを指す。
親の金で時間という自由を買うのも悪くないとタカをくくるゴミの限界点であった。

流石にいよいよ就活なるものをせねばと思い立つも、1浪2留の残り38単位修得しなければならないゴミを一体誰が拾うのか。
これは厳しい戦いになる。誰もがそう予感した。
聞けば文系の就活とは100社エントリーして内定貰えるかどうかという話である。
半ば諦めムードの中、とりあえず好きなパチンコパチスロメーカーで大きな企業に3社エントリーしてみたところ

あっさり受かった。

世間で言われる程厳しいものでもなく、作品集を見せて面接さえしてもらえれば最終面接まではとんとんいける印象であった。
パチンコパチスロ好きであったことと学生の間に創作に夢中だったことを高く評価してもらえたようであり、
また売り手市場と呼ばれた時期と業界自体の不安視というのもよかったのではないかと思う。
むしろ後者の方が要因としては大きいのだろうか。
社長には『技術は申し分ないけれど、君の場合学業だけがほんと心配…』
と言われたが私自身不安であり、ぐうの音も出なかったことは言うまでもない。
両親もとい親戚、そして教授は内定を大層喜んでくれた。
それは私とて同じことだ。
こんな絶望的な人間を拾ってくれたのだから忠義を尽くすのは当然であり道理である。
言わずもがな、企業には骨を埋める覚悟で働く所存である。

このように、内定後は会社にツイッターとブログを監視されているため、
極力媚を売る発言を心掛けている。
弱者に鞭打ち、強者にへつらうのがこの屈折した社会で生きていくうえでの処世術である。
しかし同期の友人にもアカウントを特定され、止むかたなくブログを改変することとなった。

そうして卒業を控える年末。
ブラックなアルバイト先を夜逃げに限りなく近い形で逃亡することに成功し、3か月にもわたる無職のパチンコパチスロ生活が今スタートするのである。


次回、収支発表ォおおおおおおおお!!!

ガルパン_高設定_凸当たり
関連記事

| 未分類 | 07:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。